こんにちは、小林です。

記事をご覧いただきありがとうございます!

 

今回の記事は、意識の高いあなたが、

ワードプレスで、カスタマイズ作業中に遭遇する

可能性があることについての記事になります。

 

あなたが、プラグインをインストールする際に、

画面表示エラー(ログイン不能状態)になった際に、

どうやったら画面表示が復活できるのか

貴重な時間を無駄にしないようにするという意味において、

参考になればと思います。

 

それでは、どうぞよろしくお願いいたします。

 

1. はじめに  ~画面表示ができなくなるプラグインとは?~

 

まず、あなたが、ワードプレスの”グローバルメニュー”に、

”お問い合わせフォーム”を設定したいと考えたときに、

youtubeのカスタマイズ動画で、次のプラグインを推奨されていたら、

インストールを見送ることをお勧めいたします!

 

下の、プラグイン『Contact Form7』の新規追加で出てきた

画像をご覧ください!

 

2016-11-27_17h14_10

 

下記の英文の文字列なんですが、マーカー線(黄色)を入れた

プラグイン=上の画像の赤で囲まれたプラグインは、インストールしないようにしましょう!

 

インストールして、有効化してしまうと、下の文字が出てきて、

画面が真っ白になり、ワードプレスにログインできなくなり、厄介なことになります!

 

”Fatal error: Call to undefined function wpcf7_add_shortcode() in /home/あなたのサーバーID/

あなたのドメイン/public_html/wp-content/plugins/rich-text-editor-field-for-contact-form-7/classes/class-cf7rt-rich-text-editor.php on line 28”

 

というわけで、この

 

rich-text-editor-field-for-contact-form-7】

 

は、最初からインストールしないことをお勧めいたします!

 

2. インストールしてしまった時の対処方法とは? ~画面表示復活方法~

 

■ FTPソフトのプラグイン名称を変更または、削除する!

ことで、復活できます!

今回は、『FFFTP』で解説いたします。

※FTPソフトに、サーバー情報、ドメイン情報などインストール済での話になります。

ffftp

 

 

 

 

まず、ソフトを起動します。

 

①接続をクリックします!

2016-11-27_18h27_14

 

②ワードプレスのドメインファイルをクリックします!

2016-11-27_18h36_36

 

③public htmlファイルをクリックします!

2016-11-27_18h44_20

 

④WP-CONTENTをクリックします!

 

2016-11-27_18h53_40

 

⑤pluginsファイルをクリックします!

2016-11-27_19h00_25

 

rich-text-editor-field-for-contact-form-7ファイルをcontact-form-7に変更、

または、削除します。

 

今回は、画像がありませんが、rich-text-editor-field-for-contact-form-7ファイル

というのがありますので、見つけてください!

 

そして、このファイル名を contact-form-7 もしくは、削除いたします。

 

以上で、画像は、復活いたします!

 

何気ないところで、時間のロスをしてしまいますので、

何かおかしいな?と思ったら、要注意して、プラグインをインストールしましょう

 

それでは、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

SPONSORED LINK