こんにちは、小林です。

 

今回は、『7つの習慣』第5の習慣

”理解してから理解される”

ということについて、解説していきます。

 

前回の第4の習慣では、信頼残高を増やし、

Win-Winの関係になることについての話でした。

 

今回は、そのWin-Winの関係になるためには、

コミュニケーション能力を高めなければならない

とするものです。

 

そして、本当のコミュニケーションは、

”感情を移入することであり、右脳と左脳を使い倒すことである”

ということを、コヴィー博士は語っているのです。

 

それでは、第5の習慣 理解してから理解される

の詳細をご説明いたします。

 

 

1.はじめに ~『聞き上手』となって、相手をまず理解しましょう!~

 

第5の習慣 理解してから理解される

ということは、理解される前にまずは相手を理解しましょう!

ということに他なりません。

 

つまり、コミュニケーションスキルを磨くことなんですね。

 

コミュニケーションスキル(読む・書く・話す・聞く)のうち、

聞くというスキルの訓練を積んだという方は、少ない

のではないでしょうか?

 

そこで、”聞き方レベル”について下記のように

考えてみました。(上から下に行くにしたがって高レベルということです。)

 

【聞き方レベル】

 

レベル⓪ 無視する

レベル❶ 聞くふりをする

レベル❷ 選択的に聞く(自分の目線と解釈で理解する)

レベル❸ 注意して聞く(興味のあることだからよく聞く)

レベル➍ 感情移入して聞く=Win-Winの関係(自分目線でなく、相手目線で聞くことで、Win-Winの関係が築くことができる)

 

以上のように、感情移入して聞くこと=相手目線で聞くことで、

信頼関係=Win-Winの関係が築かれるということです。

 

 

2.4つの段階で相手の心を開かせる方法とは?

 

悩みを相談された相手に対して、

『私も同じ経験があります。その際には、こういう風に

乗り越えました。』

と、人の話を自分の経験で解釈したり、評価したりする聞き方を

コヴィー博士は、”自叙伝的な聞き方”と語っています。

 

そういった”自叙伝的な聞き方”をされる方は、

相手の悩みを、自分の視点に置き換えて質問し、

解決策を提示しようとします。

 

しかしながら、そんな自分中心の助言をされて

喜ぶ方は、少ないのです。

 

そこで、相手の心を開かせるためには、

感情移入しながら聞くことが重要だと、

コヴィー博士は、”相手の心を開かせるための4つの段階”を

提唱しています。

 

【相手の心を開かせるための4つの段階】

 

❶相手の話の中身を繰り返すこと

❷相手の話の中身を自分の言葉に置き換えること

❸相手の感情を反映すること

➍自分の言葉に置き換えつつ相手の感情を反映すること

 

当然のことながら、このスキルの裏に、

真心から相手を理解したいという気持ちが必要なことは、

言うまでもありません。

 

 

3.普段からの信頼性と協調性を持つことが大事なのです!

 

まずやるべきは、周囲への普段の行いです。

 

言動に一貫性がなかったり嫌われていては、

どんなに素晴らしい意見であったとしても

共感を得られることはありません。

 

相手の立場で考え、その人の目に

自分がどう映っているのかということを、

よく考えてみましょう!

 

 

4.終わりに

 

今回は、

『7つの習慣』第5の習慣 理解してから理解される

について、解説致しました。

 

よく”話し上手は聞き上手”

という言葉は聞いていましたが、

ここまで、掘り下げて”聞くこと”について

考えさせられることはありませんでした。

 

そして、普段からの相手目線を考えることが

重要であるということを実感した次第です。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

 

SPONSORED LINK