こんにちは、小林です。

 

今回は、『7つの習慣』の第3章 ”重要事項を優先する”

ということについて、解説していきます。

 

この章では、前章で”ミッションステートメント”

などの目標を作成した後のいわば、実践編ということになってきます。

 

読んでいて、あのR.K氏著作の”金持ち父さん、貧乏父さん”

で見かけた”4つの領域は、”7つの習慣”から引用したものである

ということがわかりました。

 

第3章には、企業の悩みの種である、マネジメント論が展開されており、

リーダー必読の章であるという思いを持ちました。

 

それでは、第3章の詳細について、ご説明いたします。

 

 

1.はじめに  ~重要事項の順番を決めよう!~

 

第3章 重要事項を優先するためには、まず何と言っても

時間管理をしなければいけないということです。

 

そこで、下記のような時間管理を4つの領域に

分けて、考えてみましょう!

 

上の画像の第1領域に多くの方が、

日々忙殺されてしまい、非常に忙しいという日々を

余儀なくされています。

 

そこで、コヴィー博士は、もっと第2領域に

集中することで、人生を充実したものにすることができる

と、説いています。

 

第2領域の活動を増やすためには、

重要でない、第3、第4領域の時間を

削る必要が出てきます。

 

 

■第2領域の活動(緊急ではないが、重要な活動)を増やしていく

ということを意識しましょう

 

 

2.役割と目標を頭に入れて行動しましょう!

 

コヴィー博士は、スケジュール表を作成し、

自分の役割や目標を確認しながら、柔軟に実行することを

説いています。

 

特に、1週間のスケジュール表を重視し、月間や年間の

スケジュールも確認しながら行動することを推奨されています。☟

 

【目標を具体的にスケジュール化する方法】

 

❶役割を定義する     ❷目標を設定する

役割1  自分の成長   ➡   ❶ミッションの検討 ❷セミナーに申し込む ❸水泳

役割2  夫・父親    ➡   ➍家族で科学館 ❺妻とコンサート ❻子供の自転車修理 

役割3  研究・商品開発 ➡   ❼マーケット調査の検討 ❽統合問題の研究 ❾新商品のプレゼン

役割4  地域奉仕    ➡   ❿PTAの集まり ⓫定期草むしり

役割5  人生を楽しむ  ➡   ⓬夏休みの旅行計画

 

❸スケジュールを立てる

 

 

 

3.時間が足りないときは、人に任せる! ~デレゲーション5つの方法~

 

目標達成には、人に任せる方法があり、”デレゲーション”と言います。

 

デレゲーションは、相手に、目的や責任を持たせることで、

”やる気”を出させることが重要です。

 

そのために、相手に伝えることは、以下の5つになります。

 

❶どんな結果を望んでいるかを伝えます。

❷ガイドラインやルールを伝えておきます。

❸活用できる資源や金額、技術を伝えておきます。

➍評価の基準と、評価する人、期限を設定しておきます。

❺結果による賞罰、報酬などを設定しておきます。

 

 

4.終わりに

 

今回は、

『7つの習慣』自己管理の原理原則とは?

~第3章 重要事項を優先する~ということについて、

解説致しました。

 

重要事項を優先するために、緊急でなく重要なものを

重点的に考え、スケジュール表を作成して、時間が足りなければ、

人に任せることも考えながら、作業を進めていくということですね。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

SPONSORED LINK