こんにちは、小林です。

記事をご覧いただきありがとうございます!

 

今回は、セールスレターやランディングページでよく使われる

コピーライティングのフォーミュラ(型)で、あります

『QUESTフォーミュラ』について、解説していきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

この『QUESTフォーミュラ』は、2005年に、カナダの

”マイケル・フォーティン”という著名なダイレクトレスポンスコピーライターが、

「Want Better Copy? Go On A Quest!」という記事を

発表して以来、現在に至るまで、世界中で愛読、

引用されています。

 

意識の高いあなたも、是非この”QUESTフォーミュラ”を

ご自身のランディングページや、ステップメールに

活用され、素晴らしい結果を出されることを

心よりお祈りいたします。

 

それでは、参りましょう!

 

 

1.QUESTフォーミュラとは? ~5つの頭文字を組み合わせたフォーミュラ(型)~

 

冒頭にもお話ししました、マイケル・フォーティンは、ご自身が、

よく使うセールスレターの型である『AIDAの法則』を補足する型として、

誕生させました。

 

QUESTとは、5つの定型文の特徴を表す、単語の

最初の1文字をつなぎ合わせた造語です。

 

以下それぞれの定型文の特徴、役割をご説明します。

 

【Qualify】【ターゲットを絞り込む】

”qualify”は、”適任する、資格を得る”という意味になります。

 

例えば、【たった1ヵ月で、体重を10㎏ダイエットする方法に興味ありますか?】

という問題提起をしたとします。

 

ターゲティングで、選任、絞り込んだ人に、”ベネフィット”

提示して、興味付けをします。

 

また、問題を自覚していない人に、自覚を促して、

関心を持たせるという意味もあります。

 

いずれにしても、継続して文章を読ませるために、

インパクトの強い問題提起”でなければなりません!

 

【Understand】【理解し、共感させる】

 

“understand”は、”理解する”、”~の言うことを理解する””共感する”という意味です。

 

1の例文の続きでいうと、

『今年の夏は、ビキニを着たいですよね?』

『出産後も、かつてのくびれをキープさせたいですよね?』

と、ターゲッターに、理解、共感してもらいます。

 

重要なことは、ターゲッター(見込み客)の

頭の中を、1で提示した問題に対して、悩みで埋め尽くす

ということです。

 

【Educate】【教育し、啓発する】

 

“educate”とは、”教育する、慣らす”という意味です。

 

このパートで、初めて自分が販売したい商品の案内をします。

自分が案内する商品が、どれだけベネフィットがあるのかを強調させ、

2で、得られた共感を増幅させます。

 

例えば、

『これで私は、1ヵ月で、マイナス12kgに成功しました!

実践者Aさん』 

『私も、実践しています!女優Bさん』

etc.

 

このパートで、重要なことは、証拠となるデータや

消費者や有名人の推薦の声を記載し、信憑性を高めることにあります!

 

 

【Sutimulate】【興奮させる】

 

”sutimulate”は、”刺激する、興奮させる”という意味です。

 

3で伝えたベネフィットを増幅させ、買いたい!

とイメージさせることが重要です。

 

例えば、

 『おしゃれな水着が、思う存分着れるようになります!』

 『ヒップラインを強調した、パンツスーツがよく似合うようになります!』

 

このパートでは、期間限定、数量限定のオファーを提示し、

特典も用意します。

 

【Transition】【移行、変化させる】

“transition”とは、”移行、変化する”という意味です。

 

つまり、ターゲッター(見込み客)から顧客へ

移行させるということになり、”クロージング”や

”注文をもらう”という最終工程のパートになります。

 

このパートでは、追伸や返金保証、追加特典を

つけたりして、確実に申し込んでもらうための、

あらゆる手段を講じます。

 

このパートに来る頃には、ターゲッターが、

もうすでに所有しているような表現をしてあげると、

成約率が上がります。

 

最後まで、あらゆる不安を取り除いてあげる作業が

制約へとつながってきます。

 

2. ”QUESTフォーミュラ”のまとめ

 

2005年にマイケル・フォーティン氏によって、紹介された

”QUESTフォーミュラ”は、現在のダイレクト・レスポンス・マーケティング(D.R.M.)

に大きな影響を与えているのは、周知の事実であります。

 

インターネットが発達した、現代において、今後ますます

L.P.やS.L.そして、ステップメールで、このフォーミュラを活用する

個人事業主や企業が、ふえてくることは、間違いないでしょう!

 

この記事を読まれている、意識の高いあなたには、

このフォーミュラを活用されて、成約率の高い文章を提示されることを

心よりお祈りしています!

 

それでは、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK