こんにちは、小林です。

 

今回は、”パレートの法則”を

ネットビジネスに活用する方法について、

解説していきます。

 

まず、パレートの法則というのは、

80:20の法則とか、8:2の法則

とか言われていますが、具体的に

どういう法則なのか?

ということをご説明いたします。

 

そして、この法則を活用して、

ネットビジネスに生かす方法へと

進んでまいります。

 

それでは、早速参りましょう!

 

 

1.はじめに  ~パレートの法則とは? パレートの法則概要~

 

パレートの法則は、イタリアの経済学者のヴィルフレド・パレートが、

発見した、全体の数値を構成しているのは、1部の要素が生み出している

という法則で、80:20の法則とか、8:2の法則などと、呼ばれています。

 

2.パレートの法則が生み出す事例

 

パレートの法則が生み出す事例としまして、

下記のようなものがあります。

 

*全売り上げの80%は、20%の従業員で、生み出されている

*ビジネスにおいて、全売り上げの80%は、

 20%の顧客によって生み出されている

*機械の故障した80%は、20%の部品が原因である

*所得税の80%は、20%の課税対象者が賄っている

*世界の富の80%は、20%の富裕層から成り立っている

*商品の売り上げの80%は、20%の商品銘柄で成り立っている

 

そこで、このパレートの法則をネットビジネスに

活用していくためには、どうすればいいのか?

ということについて、考えてみたいと思います。

 

 

3.パレートの法則を、ネットビジネスに活用する5つの方法

 

それでは、パレートの法則をネットビジネスに活用するためには

ということで、下記の5つにまとまてみました。

 

❶ネットビジネスのターゲット層を絞り込むこと

❷ネットビジネスの作業時間を絞り込むこと

❸ネットビジネスの作業内容を絞り込むこと

➍ネットビジネス自体を絞り込むこと

❺ネットビジネスの販売内容を絞り込むこと

 

上記のように、パレートの法則を活用すること

とは、”絞り込むことである”ということになります。

 

それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

 

❶ネットビジネスのターゲット層を絞り込むこと

 

ネットビジネスの総売り上げの80%は、

20%の顧客によるものであるといえますので、

その20%の顧客層の把握に努めることが、

成約率につながるということになります。

 

❷ネットビジネスの作業時間を絞り込むこと

 

ネットビジネスに費やしている作業時間の80%は、

集中した20%の時間によって、形作られています。

 

そこで、その集中力のある20%の時間帯を

把握することが、圧倒的な作業時間を生むことに

繋がることになります。

 

❸ネットビジネスの作業内容を絞り込むこと

 

ネットビジネスの作業内容の80%は、作業内容の

20%にまとめることができますので、作業内容を

十分に吟味検討する必要があります。

 

➍ネットビジネス自体を絞り込むこと

 

ノウハウコレクターと呼ばれている人の特徴は、

あれもこれも手を出しすぎて、絞り切れていないこと

です。

 

ネットビジネスの成果が出る情報の80%は、20%の

カテゴリー(メルマガ、トレンド等)に絞り込まれていること

を把握して、ネットビジネス自体を一つに集中しましょう!

 

❺ネットビジネスの販売内容を絞り込むこと

 

ネットビジネスの全売り上げの80%は、情報商材であることと

言えますが、全売り上げの20%は、販売内容が、絞り込まれています。

 

例えば、”プロモーション”や”塾”といわれるものが、これに相当する

と思われますので、再度販売内容を検討する必要があります。

 

以上が、パレートの法則をネットビジネスに活用した方法

ということになります。

 

その他にも、このパレートの法則を活用できる方法

があると思いますので、今一度考えてみましょう!

 

 

4.終わりに

 

今回は、

『パレートの法則をネットビジネスに活用する5つの方法!

~80:20の法則で、絞り込みましょう!~』

ということについて、解説致しました。

 

パレートの法則は、つまるところ、

”本質を知る”ということになります。

 

是非、本質を知ることで、絞り込んで、

時間活用や販売に生かしていきたいものです。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

SPONSORED LINK