こんにちは、小林です。

 

突然ですが、レストランのメニューからクイズです!

 

次の3つの料金表示うち

一番多く注文が取れたのはどれでしょう?

 

(1) ¥記号をつけた数字で表示:¥1200

(2) ¥記号をつけない数字表示:1200

(3) 文字で説明:千二百円

 

少しの間、考えてみてください。




それでは、時間になりました。

 

(2)を選んだあなたはお見事、 正解です!

 

あなたは、脳科学の視点で何が最高の成果を

生むのかを 理解している数少ない人かもしれません。

 

不正解だったあなた、気にすることはありません。

 

なぜなら、正解者の中でも(2)が一番多く注文がとれる

理由まで説明できる人はほとんどいないからです。

 

上記のように、

「私たちの思考、感情、学習の95%は

意識されることなく生じている」

こう言ったのは、

ハーバード大学のマーケティング学の教授

ジェラルド・ザルトマンです。

 

人の脳というのは不思議なもので

普段私たちは頭を使って考えて行動している

ように思えますが、実はほとんどの行動というのは

無意識の内になされています。

 

実際、朝起きて歯を磨き服を着て会社に行く、、

といった行動を必死に考える人はいないでしょう。

つまり、好むと好まざるとにかかわらず

人の行動の95%は無意識のうちに決定

されているのです。

 

そして、この95%の無意識の力をマーケティング

や広告・販売戦術に活用することはできないのか?

そう考えたのが、人気ブログ

「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」

の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。

 

今回は、この『脳科学マーケティング=ニューロマーケティング』を

我々が取り組んでいる、ネットビジネスにおける『リストマーケティング』

の”クロージング”で活用する方法について考えてみたいと思います。

SPONSORED LINK

 

 

 

1.はじめに ~脳科学マーケティング=ニューロマーケティングとは?~

 

冒頭でお話ししたように、人が購買行動に及ぶときには

無意識のうちに行われている、つまり、判断する時間

というのは、約0、2~0、4秒と言われています。

 

指で、パチっと鳴らしたような瞬間に

”購入しよう!”

と決断するのです。

 

これは、人間の3つの脳の仕組み(爬虫類脳、哺乳類脳、霊長類脳=人間脳)

のうち、爬虫類脳が決めているようです。

 

☝上の画像のように、人の脳の一番下の方に位置する

爬虫類脳が、購入を決定し、哺乳類脳で購入した理由付け

をすると言われています。

 

このように、人間の脳の仕組みを利用して

脳科学の立場から消費者の脳の反応を計測して

消費者心理や購買行動を解明し、マーケティングに応用

しようとする試みが

脳科学マーケティング=ニューロマーケティング

なのです。

 

 

2.脳科学マーケティング=ニューロマーケティングの活用事例

 

MBC総合研究所の実験で、安物のワインを高級ワイン

だと教えられて飲むと、脳の前頭葉が活発化したという

事例があります。つまり、高級ワインは、美味しいという

思い込みがあるためです。

 

このように、人間の思い込みという習性を利用して

CMなどで人の脳に刷り込ませることで

商品を想起させ、購買行動に繋げることが可能になります。

 

最近よく売れている

”吸引力の高い掃除機”

”お腹がすいたら●●●●●”

というように、商品を思い起させるということです。

 

また、商品のパッケージデザインも

様々なデザインの中で、実験により

脳の波動の効果があるものを決定する

ということが行われています。

 

SPONSORED LINK

 

3.リストマーケティングのクロージングに脳科学マーケティング=ニューロマーケティングを活用してみましょう!

 

前章の活用事例は、リアルビジネスの場合ですので

実際に脳の波動とかを計測しながらビジネスを進めていきますが、

我々が行っているネットビジネスは、反応を見るのに

脳の波動まではわかりません。

 

そこで、反応を見る方法は、メルマガの開封率、クリック率

それに、読者からの返信数などで判断する以外にありません。

トライ&エラーを繰り返すことしかないわけです。

 

そして、思い起させるということについては

コンテンツのCM効果が高いようなことをすること

具体的には、ブログ、無料レポート、SNSなどを活用して

興味のある方に覚えてもらう、知ってもらうということ

につきます。

 

また、セールスのタイミング(間)も重要な要素だといえます。

トップセールスマンと一般セールスマンの違いは

このタイミング(間)の取り方の違いであるとよく言われています。

 

メール7通目、8通目でセールスするのが本当にいいのか?

再度検証してみましょう!

 

セールスレターの中身も同様です。

 

とにもかくにも、見込み客が無意識で

購入できるような素晴らしい企画を考える為には

背景となるようなブランディングコンテンツが

不可欠であることは、間違いありません。

 

 

4.終わりに ~脳科学マーケティング=ニューロマーケティングの本をご紹介します。

 

今回は、脳科学マーケティング=ニューロマーケティングを

ネットビジネスのクロージングに活用するということについて

解説致しました。

 

最後に

脳科学マーケティング=ニューロマーケティングの本を

ご紹介させていただきます。☟

 

脳科学マーケティング100の心理技術 (著者:ロジャー・ドゥーリー)

 

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

SPONSORED LINK