あなたは、”マズローの欲求5段階説”

という言葉を聞いたことがありませんか?

 

アメリカの心理学者である、”アブラハム・マズロー氏が、

提唱した、欲求を3角形の”5つの階層”に分けて解説し、

3角形の頂点へと上に行くしたがって、自己実現に向かう

とする説です。

 

最初は、低次の欲求から、上に行くに従って、

高次の欲求へと移行していきます。

 

今回は、5段階それぞれの解説と、私たちの展開する

”ネットビジネス”においては、どの階層にいる方たちを

ターゲットにしなければいけないのか?

ということについて解説していきます。

 

それでは、早速参りましょう!

 

 

1.はじめに ~マズローの欲求5段階説とは?~

 

マズローは、欲求5段階説について、

『人間は、”自己実現に向かって、絶えず成長する生き物である』

と述べていることから、”自己実現理論”とも呼ばれています。

 

この5段階説は、下記のように3角形=ピラミッドの形をし、

成長のたびに、1段ずつ上に上がっていきます。☟

 

 

 

マズローの欲求5段階説は、

一番下から、❶生理的欲求→❷安全欲求→❸社会的欲求→➍尊厳欲求→❺自己実現欲求

へと、1段づつ上に上がっていきます。

 

【マズローの欲求5段階説】

 

❶生理的欲求

❷安全、安定欲求

❸社会的欲求(愛と所属の欲求)

➍尊厳欲求(承認欲求)

❺自己実現欲求

 

それでは、各欲求について、

解説していきます。

 

 

2.マズローの欲求5段階説の各欲求について

 

❶生理的欲求

 

第1段階の生理的欲求は、人間の”飲みたい、食べたい、寝たい”

などの、生理的欲求です。

 

この欲求が満たされると、上の階層の”安全欲求”を

求めるようになります。

 

❷安全、安定欲求

 

この階層では、自分の健康や、安全な暮らし、

安定した生活をしたいという欲求を求めます。

 

例えば、契約社員が、正社員になろうとするのは、

この欲求になります。

 

そして、この安全、安定欲求が満たされると、

次の社会的欲求(愛と所属欲求)を求めます。

 

❸社会的欲求(愛と所属欲求)

 

❷で、安全、安定欲求が満たされると、

”集団に属したい、仲間が欲しい”という欲求が

生まれます。

 

この欲求が満たされないと、人は、

寂しいとか、社会的不安を感じやすくなります。

 

ここまでの欲求は、外的に充たされたい(低次の欲求)(☝上の画像を参照ください。)

と言われています。

 

➍尊厳欲求(承認欲求)

 

❸で、集団に所属できたら、次に、

自分が、集団や組織から認められたい、

尊敬されたいという欲求が生まれます。

 

ここからは、外的なものでなく、

内的な欲求に変わります。

 

❺自己実現欲求

 

❸、➍と他者との関係性における欲求でしたが、

❺の自己実現欲求は、違います。

 

最後の欲求は、自分がなりたい欲求、

自分の能力を最大限に発揮できる

創造的な活動欲求が生まれます。

 

つまり成長欲求が生まれるのです。(☝上の画像をご覧ください

 

3.マズローの欲求5段階説をマーケティングに活用しましょう!

 

マズローの欲求5段階説をマーケティングに活用する

ということは、どこの階層を”ターゲティング”するべきか

ということで、よく活用されています。

 

例えば、ネットビジネスでいえば、

➍、❺の階層の方を、”ターゲティング”するのが

いいということになります。

 

できれば、❺の階層の方でしたら、

ぴったり当てはまりますので、

いいでしょう。

 

ネットビジネス=自己表現ビジネス

といいかえてもいいほど、

コンテンツで情報発信する(自己表現していく)

ビジネスですので、この階層の方を

中心に、”ターゲティング”していきましょう!

 

4.マズローの欲求5段階説の最後に ~自分の人生を変えることができます!~

 

今回、マズローの欲求5段階説を記事に書き進める

うちに、きずきました。

 

それは、最後の❺階層が、現在、私が取り組んでいること、

つまり、自分の創造力を最大限に発揮するという

コンテンツビジネスに取り組んでいることに、

現在の自分の境遇が、ありがたい、幸せであることにです。

 

大勢の方が、この❺階層の自己実現に

チャレンジしているとは、到底思えないことを

感じました。

 

しかしながら、もしこの記事を読んで、

❺階層の自己実現を成し遂げたいと思われた方が、

おいでましたら、今からでも遅くありません。

 

是非、わたしのような、コンテンツビジネスでなくとも

いろんな世界がありますので、チャレンジしていただきたい!

と思います。

 

 

人生の終わりに、

”もっと、チャレンジしておけばよかった”

と、言わないために。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK