こんにちは、小林です。

 

あなたは、健康食品のCMで、

こういうのを見たことがありませんか?

俳優や歌手の大御所が、

『私も愛用しています』

『私も毎日飲んでいます。』等のCMです。

 

見込み客が、”あの人が言ってるなら間違いないだろう!?”

とつい購入してしまうという”権威の法則”を活用した

CMなのです。

 

今回は、”権威の法則”を活用して、人を動かし、

成約率を上げるということについて、

フォーカスしたいと思います。

 

それでは、早速参りましょう!

 

 

1.はじめに  ~権威の法則とは?~

 

人は、権威のある人の言動に動かされやすい

というのは、過去様々な詐欺事件が、ニュースで報道されたことでも

物語っています。

 

冒頭でも話しましたが、人は

”有名人のあの人が言ってるなら間違いないだろう!”

と信用してしまうという単純な生き物なのです。

 

そして、TVCMで、白衣を着た人が

商品の説明をしていると、なぜか、

信用して、購入してしまうというのも

同じ原理です。

 

高そうなスーツを着て、稼いでいる感を出し、

講演活動をしている方なんかも、ファッションで、

”権威”を演出していると言えます。

 

 

2.肩書で、権威を演出する方法

 

あなたは、ある加工食品の上部に、

”モンドセレクション受賞”

というのを見かけたことがあると思います。

 

実はこれ、ベルギーの民間団体が審査しているもので、

1100ユーロ(約15万円)を支払って、審査項目を

クリアした商品は受賞できるというシステムなのです。

 

ほかの商品と競って受賞したのではない

ということなのです。

 

そして、驚くべきことに、全審査対象の5割が

日本からの出品で、8割入賞しているとのことです。

 

まさに、肩書に弱い日本人にうってつけの

マーケティング手法と言わざるを得ません。

 

個人の肩書も同様で、よく○○大学大学院卒、

○○ビジネススクール卒、MBA取得と

これだけで、人は、信用してしまいます。

 

詐欺事件に、学歴詐称を使うということは、

肩書=権威に弱い人の性質を利用した手口であると

言わざるを得ません。

 

 

3.権威の法則をネットビジネスに活用しましょう!

 

権威の法則をネットビジネスに活用している事例としましては、

こういうものが言えると思います。

 

○○年○○月初期実績○○万達成

○○年○○月○○万達成

○○年○○月コンサル開始

○○年○○月コンサル生が、○○万達成etc

 

プロフィールにこういう肩書をよく見かけますが、

これを見た読者が、”凄い”と思わず信用してしまうことで、

商品購入することに繋がるということもあると思います。

 

ほかにも、e-book大賞受賞とかも、同様ですね。

 

このような、立派な肩書を書ければ、

成約率も右肩上がりであることは、間違いないでしょう!

 

 

4.終わりに

 

今回は、

『権威の法則を活用して、成約率を上げる方法!

~人を動かす原理原則とは?~』

について、解説致しました。

 

権威、肩書で、人は容易に動かされるもの

ということを、しっかり認識する必要がある

ということですね。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

SPONSORED LINK