こんにちは、小林です。

 

今回は、”Google Search Console”の機能の一つである、

”Fetch as Google”という、Googleにインデックス登録する

ための機能をご紹介いたします。

 

私は、現在、記事を投稿するたびに、

必ず、この”Fetch as Google”に記事のパーマリンクを連絡、

つまり、インデックス登録を促しています。

 

これをやっているからなのか?どうか意味不明ですが、

私の記事が、Google Anyliticsの”オーガニック検索”からの

訪問者が増えてきた印象があります。

 

よく、Googleのクローラーが、

巡回しやすくするために、、,云々

いろいろ言いますが、私は、この方法が、

一番ベストなやり方であると思っています。

 

なぜ、インデックス(インデックスとは、

Googleのデータベースのこと)登録する必要があるのか?

と言えば、それは、ブロガーが、最も気にしている

S.E.O対策のためです。

 

自分の記事が、検索1ページ目に

表示されていようものなら、今後の記事投稿での

やる気、モチベーションが格段に違ってくるでしょうね。

 

読者のユーザビリティーを考えて、

もっといい記事を書いてやろうと思うのは、

私だけではないと思います。

 

それでは、検索1ページ目上位表示のために、

Fetch as Google活用術について、解説していきます。

 

 

1.はじめに ~Fetch as Googleとは?~

 

冒頭でもお話ししましたが、

Fetch as Googleとは、”Google Search Console”

の機能の一つである為、まずは、”Google Search Console”

に登録することが必要です。

 

そして、登録が完了しましたら、

下記の画像のように、記事を投稿するたびに、

インデックス登録をリクエストしましょう!☟

 

☝今回の動画は、この記事のパーマリンクを、

Fetch as Googleにリクエスト申請するところを

撮っておりますので、確認の意味においても

ご覧になってください。

 

リクエスト申請に要する時間というのは、

ほんの、数秒程度です。

 

この数秒の時間を、Fetch as Googleで、

インデックス申請をするかしないかによって、

SEO対策に影響するのは、必至であるといえます。

 

そして、記事投稿のたびに

インデックスリクエストするための

裏ワザとして、Fetch as Google画面を

ブックマークしておくことをお勧めいたします。

 

 

3.終わりに

 

今回は、

『Fetch as Googleを活用して、

検索1ページ目上位表示を狙う方法』

について、解説致しました。

 

Google Search Consoleの機能のなかで、

最も素晴らしい機能であると思いますので、

インデックスリクエストのみに、

フォーカス致しました。

 

是非、記事投稿の際には、

インデックスリクエストをお忘れなく!

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

SPONSORED LINK