こんにちは、小林です。

記事をご覧いただきありがとうございます!

 

今回は、意識の高いあなたが、情報発信をする

ためのライティングスキルの基礎知識第2回目となります。

 

2回目の基礎知識は、あなたが、情報発信している

コンテンツが、興味を持っている顧客層に

向けて発信しているのか?=【ターゲティング】

ということを明確に打ち出して、その人にに向けて、

書かなければならないということなんですね。

 

例えば、あなたが情報発信しているコンテンツが、

”ネットビジネスを志している初心者の方向け”だとします。

 

そのコンテンツの読者様の年齢層は、

20代(10代かもしれません)~60,70台まで広範囲に及びます。

 

その年齢層全員の方に、あなたの文章で、感情を揺さぶること

は、はっきり言ってできないので、この”ターゲティング”するということ

が必要になるのです!

 

そして、次に、

あなたのブログやサイトをターゲティングされた方たちが、

どういった目の動きで、文章を捉えて、読んでいくのか?

ということについてもお伝えしていきます。

 

この目の動きが、

『Fライン、Zラインの法則』

と呼ばれるもので、この法則を使って成功した

と言われているのが、あの通販大手”Amazon”です。

 

こちらの法則も、あなたのコンテンツにすぐに

活用できると思われますので、是非最後まで

お付き合いいただきたいと思います!

 

それでは、早速参りましょう!

 

1. ターゲティングするということとは?

 

冒頭にもお話ししましたが、情報発信とは、

ある特定の分野において、その分野に興味がある方に向けて

発信しないといけません。

 

そして、興味がある方というのは、どういった年齢層なのか?

といった市場調査を入念にしたうえで、決定していくという作業が

必要になります。

 

そして、決定した情報受信層が、ターゲッティングする

顧客層ということになります。

 

また、詳しくターゲティングしていくと、

男性か女性か?年齢は?既婚者か?仕事は?役職は?

子供は何人いるのか?と

仮想人物『ペルソナ』

を頭の中に思い浮かべます。

 

そして、思い浮かべたら、その人に語り掛けるように、

文章を書いていきます。

 

あたかも、目の前で、話しかけるようにです。

 

このように”ターゲティングする”ということは、

仮想人物『ペルソナ』を思い浮かべて、

対話し、教育して行動させるといううこと

につながっていくのです。

 

ただ、やみくもに情報発信しても、あなたの文章は、

誰も読んでくれませんし、開けてもくれません。

 

結果あなたが望む商品の販売という目標は、

まったく夢のまた夢という惨憺たるものになってしまいます。

 

なので、もし”ターゲティング”できていないのであれば、

今すぐ”ターゲティング”してみることをお勧めします!

 

あなたが発信するコンテンツのPV数や

メルマガのクリック数が目に見えて増えていくに

違いありませんから、、、。

 

2. 仮想人物像『ペルソナ』とは? ~ペルソナ実例~

 

例えば、あなたが、ネットビジネス初心者の方に向けて、

情報発信しようと考えるならば、以下のようにペルソナを設定します。

 

【仮想人物像】

528f9c1f12e395ec4476a4690da94f47_s

 

 

性別 : 男性

年齢 : 45~55歳

職業 : サラリーマン

役職 : 中間管理職

結婚 : 既婚

子供 : 2人

長女 : 大学生

次女 : 高校生

ペット : 愛犬1匹

ローン  :   1戸建て家のローンあり

好きな言葉 : チャレンジ

 

 

 

 

上記ようにペルソナを設定します。

 

そうしますと、自ずと文章の書き方や、記事内容に

変化が生まれること間違いありません!

 

是非,『ペルソナ』設定で、興味を引き付ける記事を

書いてください。

 

 

3. Fライン、Zラインの法則とは? ~目の動きを読んで、釘付けにするテクニック~

 

あなたは、Fライン、Zラインの法則をご存知ですか?

 

この法則は、読者の目の動きを調査して

”ニールセン”が命名したとされています。

 

下の画像は、【Fラインの法則】による目の動きを

表しています。

 

読者は、最初左の一番上に目が行き、下に移動します。

 

その後、上から左➡右に移動します。

 

【Fラインの法則】

 

2016-11-28_11h03_49

 

 

そして、下の画像が、【Zの法則】です。

 

読者は、左の一番上にまず目が行き、

次に、右に流れていきます。

 

そして、そこから、斜め下に左へ移動します。

 

左下から、また右に移動します。

 

【Zの法則】

 

 

2016-11-28_11h08_36

というわけで、この二つの法則が重なる部分

(左上、右上、真ん中、左下あたり)

あなたがクりックしてもらいたい情報を持ってくればOK!です。

 

一度、有名な方のブログをご覧になって、

検証されることをお勧めいたします。

 

今回は、意識の高いあなたが、情報発信をする際に、

知っておきたい、”ターゲティングするということ”

と ”Fライン、Zラインの法則’ について

解説させていただきました。

 

それでは、最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

SPONSORED LINK