こんにちは、小林です。

 

 

今回は、あなたが近い将来になりたい理想の姿に

なるための具体的方法について、解説していきます。

 

 

成功法則で有名な、”ジョゼフ・マーフィー”の『眠りながら成功する』

の本にあるような、潜在意識に働きかけて、自分の将来のなりたい

理想の姿を、脳に刷り込むことにより、現実化していくという手法、

つまり、”アファメーション”を活用して、成功に導く方法を

詳しくご説明いたします。

 

 

まず、表題にもあります”アファメーション”という言葉を

初めて聞いた方もいらっしゃると思いますので、

この言葉の意味から、始めたいと思います。

 

 

1.はじめに  ~アファメーションとは? アファメーション概要~

affirmation(アファメーション)とは、ラテン語の”affirmare”

”強める”、”強固にする”を語源とします。

 

そこで、潜在意識(願望)を強める”とでも

解釈していいと思います。

 

アファメーションとは、

”自分が将来的になりたい自分を、決まったフレーズ(言葉)を

繰り返し唱えて、潜在意識に刷り込ませることにより、

その願望を実現させること”

といえます。

 

 

実業家、プロスポーツ選手、アーティストなど、

成功者の多くが、この”アファメーション”を用いて、

”成功の実現”を手に入れています。

 

プロサッカー選手の”本田圭祐”選手が、

小学生の作文で、

『自分は、将来、プロのサッカー選手になる!』

と書いていたことは、有名な話です。

 

 

2.人間の潜在意識の仕組みについて

 

”アファメーション”の具体的な方法を学ぶ前に、

まず、”潜在意識”についてご説明いたします。

 

 ■潜在意識とは?

人間の意識には、”顕在意識”と”潜在意識”の

2種類あります。

 

”顕在意識”とは、自分で意識している、

理解していることで、”潜在意識”は、自分で

意識していない、理解不能なことといえます。

 

この”自分で意識していない理解不能な”

潜在意識なのですが、驚くべきことに、

”知らず知らず、あなた自身に蓄積されている”

ということなんですね。

 

あなたは、小さいころに、人前に出ると、

顔が赤くなるという経験は、ありませんでしたか?

 

私は、そうだったんですが、

小さいころに、意識していないにもかかわらず、

顔が赤くなる=恥ずかしいという意識

のは、この潜在意識というわけです。

 

 ■潜在意識と顕在意識の割合

上の画像をご覧ください!☝ 人間の顕在意識と潜在意識の割合は、

潜在意識が97%で、あとの残り3%が、顕在意識であるということです。

 

例えば、あなたが、ダイエットしようと考えたとします。

 

だけれども、97%が、”甘いものが食べたい!”だとか

潜在意識で、刷り変わっていなければ、ダイエットできない

というわけです。

 

ということは、逆に考えれば、潜在意識を刷りかえること

さえできれば、我々の願望は、実現できる!

のです。

 

 

3.アファメーションの具体的な方法とは?

 

■”アファメーション”は、1日2回、最低21日間連続して行う

”アファメーション”は、朝起きた時と、夜寝る前の2回に、行います。

 

この起きた時と、寝る直前が、人間の潜在脳に、

最も働きかけやすいといわれています。

 

そして、毎日2回を最低21日間は続けないと

潜在脳の刷り込みは、難しいです。

 

■”アファメーション”の具体的方法

 

1. ~する、~になるという『肯定的な文章を作る』

例文

私は、人生を思うように生きられます。

私のやることは、すべてうまくいきます。

というような文章を10~20作りましょう。

 

2.スマホや、ボイスレコーダーに録音する

 もしくは、ノートに文章を書く

 

スマホや、ボイスレコーダーに文章を録音しておきます。

なければ、”アファメーション専用ノート”を作り、

文章を書いておきます。

 

3.朝起きた時と夜寝る前に、録音した文章を必ず聞く

 もしくは、ノートの文章をかならず、眺めること

 

朝起きた時と、夜寝る直前は、最も潜在脳に

働きかけやすい時であります。

 

この2回は、必ず、忘れずに、

自分でこしらえた文章を聞く、もしくは、

ノートを見て、潜在脳に刷り込んでいくという作業を

怠ってはいけません!

 

それも、最低21日間(3週間)は、連続してしないと、

効果は表れません。

 

4.できれば、大きな声を出して、潜在脳に刷り込んでください!

 

自分の文章を聞くまたは、読むだけでなく、

声に出すことで、刷り込み方が違ってきます。

 

是非、文章を声に出してみましょう!

 

5.移動中にも、”アファメーション”しましょう

 

車や電車で移動するとき、

休憩時間にも、”アファメーション”することで、

潜在脳に刷り込む速度が違ってきます。

 

隙間時間も利用して、自分を変える

努力をしてみましょう!

 

5.まとめ

 

今回は、『潜在意識をアファメーションで、書き換える方法!』

について、解説いたしました。

 

我々の意識は、3%の顕在意識でできており、

残りの97%が潜在意識ということを理解された上で、

”アファメーション”をすることで、自分は変えられるんだ!

と感じていただけ、実行してみようと思っていただけたら、

大変うれしく思っております。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

 

SPONSORED LINK