こんにちは、小林です。

 

今回は、コピーライティングにおいて、

必ず知っておきたい基礎知識の

”3つのONE”について、解説していきます。

 

前回ご紹介しました、

”マクスウェルの3原則+1”の”4つのNOT”

を意識したうえで、この”3つのONE”

を意識されると、成約率が上がる素晴らしい

セールスレターが書けるようになります。

 

是非、最後までご覧になって、

コピーライティングの基礎知識を

身に着けていただきたいと思います。

 

それでは、早速参りましょう!

 

 

1.はじめに ~3つのONEとは?~

 

コピーライティングの基本スキルである

”3つのONE”とは、

1.ONE  MARKET (ワンマーケット)

2.ONE  MESSAGE (ワンメッセージ)

3.ONE  OUTCOME     (ワンアウトカム)

のことを言います。

 

1.ONE  MARKET (ワンマーケット)とは、

一つの市場を意味します。

2.ONE  MESSAGE (ワンメッセージ)とは、

一つのメッセージ、つまり一つのセールスレターです。

3.ONE  OUTCOME     (ワンアウトカム)とは、

一つの出口、つまり、一つの購入を意味します。

 

この3つを意識するのと、しないのでは、

セールスレターの成約率に大きくかかわってきます

ので、注意が必要です。

 

それでは、次の章で、3つを詳しく解説致します。

 

 

2.”3つのONE”の詳細について

 

❶ONE  MARKET(ワンマーケット)

 

”ワンマーケット”とは、読んで字のごとく

一つの市場という意味で、セールスレターを

書く際には、ターゲットを一つの市場に絞って

書かなくてはならないということです。

 

例えば、投資系で、FXの教材のセールスレターで、

ついでに、株式の教材も案内することは、タブーである

ということです。

 

とにかく、市場を一つに絞って、

読者を混乱させないことが重要です。

 

❷ONE MESSAGE(ワンメッセージ)

 

一つの商品に対して、伝えたいことを

一つに絞って伝えるということです。

 

一つの商品に対して、あれもこれも

いろいろ伝えたいとは思いますが、

読者が混乱してしまっては、購入に至らない

ことに繋がります。

 

伝えたいメッセージの軸を一つに絞って、

セールスレターを書くようにしましょう!

 

❸ONE  OUTCOME(ワンアウトカム)

 

セールスレターの出口は、一つにする

ということです。

 

一つの商品を案内したら、その商品の

購入リンクだけにするということで、

他のサイトに飛ぶリンクや、別の商品を

案内することは、タブーです。

 

読者が購入する意欲があっても、

別のリンクがあって、そちらに行ってしまうと、

結局、購入には、至らないということに

なってしまいます。

 

なので、一つの商品を案内したら、

購入ボタン一つだけを貼ればいいということ

なのです。

 

3.追記『シャンパルティエ効果』について

 

今回、”3つのONE”について書き進めるうちに、

”シャンパルティエ効果”との関連性を考えました。

 

”シャンパルティエ効果”とは、一つの表現の違いで、

読者のとらえ方が違ってくるというものです。

 

例えば、砂糖20㎏と綿菓子20㎏では、

綿菓子20㎏の方が、軽く感じられるという

錯覚を起こしてしまいます。

 

そこで、セールレターや、メルマガの

表記には、誤解されないような表記を

心がけなければいけません。

 

 『混乱した脳は、常にNOと言う!』

 

という言葉を聞いたことがあると思いますが、

シンプルで、小学生でもわかる文章を

”ONE MESSAGE”でも

常に心がけましょう!

 

4.終わりに

 

今回は、

『3つのONE+1効果を意識しましょう!

【コピーライティング基礎知識4】』

について、解説致しました。

 

コピーライティングスキルの基本を

身につけられて、素晴らしいセールスレターで、

成約率が上がることを心より

お祈り申し上げます。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK