こんにちは、小林です。

 

今回は、セ-ルスライティングの基本

である、”ベネフィット”について、

解説していきます。

 

“ベネフィット”という言葉は、

セールスライティングを学ぶうえで、

必ずと言っていいほど出てくる言葉です。

 

あなたのセールスレターで、

商品やサービスを販売する際には、

この”ベネフィット”を常に意識することで、

成約率向上に繋がることは、

間違いありません!

 

今回は、”ベネフィット”の中でも

特に”3つのベネフィット”を意識して、

セールスライティングに活用するということに

フォーカス致します。

 

それでは、早速参りましょう!

 

 

1.はじめに ~べネフィットとは? 『商品を売るのではなく、ベネフィットを売る』~

 

セールスライティングの世界では、

”商品を売るということではなく、

その先のベネフィットを売らなければならない”

と、セールスライターの誰もが、口をそろえて語っています。

 

そこで、”ベネフィット”とは、一体何なのか?

 

セールスライティングの基本かつ重要な要素である

この言葉を考えてみたいと思います。

 

 ■ベネフィットとは?

 

ベネフィットとは、英語で、

利益、ためになること、という意味です。

 

ある商品を購入した方が、

その商品を購入したことで得られるメリットや

利益、効果(精神的快楽も含めて)のことを

”ベネフィット”と言います。

 

一例をあげると、

あなたが風邪をひいて、

薬を購入したとします。

 

あなたが必要とする”ベネフィット”は、

薬を購入して、服用した後の、元気な体

ということです。

 

つまり、通常の商取引は、

 

 Before→After

 

ですが、”ベネフィット”は、

 

Before→After→After

 

つまり、商品を購入した後の効果効能のことです。

 

それでは、この”ベネフィット”について、

セールスレターで、必ず活用したい、

”3つのベネフィット”について、解説したいと思います。

 

 

2.セールレターで必ず活用したい”3つのベネフィット”とは?

 

”ベネフィット”は、アメリカの経営学者”デイビッド・A・アーカー氏

により、下記のように3種類に分けて提唱されました。

 

❶機能的ベネフィット

❷感情的ベネフィット

❸自己表現的ベネフィット

 

それでは、それぞれの”ベネフィット”について、

解説していきます。

 

 

❶機能的ベネフィット

 

商品の特徴やメリットのことです。

 

例えば、

早い、安い、美味しい、頑丈、簡単、など

 

【機能的ベネフィットの一例】

 

ある牛丼屋さんは、早い、安い、美味しいと3拍子

そろっています。

 

 

❷感情的ベネフィット

 

”感情的ベネフィット”とは、

商品を購入することで得られる、

効果的なプラスの感情ということです。

 

例えば、

楽しい、嬉しい、カッコいい、気持ちいい、安心する

などです。

 

【感情的ベネフィットの一例】

 

耐震構造の優れた、この家を購入して、今まで不安だった、

大きい地震に対する不安感が払しょくされ、木の温もりが

感じられる気持ちよさで、大満足である。

 

 

❸自己表現的ベネフィット

 

商品を購入することで、得られる、

自信や夢の実現、自己実現ができることです。

 

例えば、

自信を持つことができた、夢を達成できた、

自己実現できた、、などです。

 

【自己表現的ベネフィットの一例】

 

夢が達成できたら高級車を買うことを目標としていて、

ついに購入でき、又自分に自信を植え付けることができた、、などです。

 

 

以上、3つのベネフィットを解説いたしましたが、

別名”ブランドの神様”とも呼ばれた、提唱者の”アーカー氏は、

”3つのベネフィットのうち、感情的ベネフィットと

自己表現的ベネフィットに目を向けよ!”

と話しています。

 

つまり、”マズローの5段階説”でいうところの、

”承認欲求”、”自己実現欲求”に働きかけよ!

ということになります。

 

以上、3つのベネフィットについて、

解説致しました。

 

 

3.終わりに

 

今回は、

『ベネフィットとは?

~”3つのベネフィット”を理解して、成約率を上げる方法!~

【セールスライティング1】』

について解説致しました。

 

”3つのベネフィット”をセールスレターに

活用されて、素晴らしい成約率を挙げられることを

心よりお祈り申し上げます。

 

それでは、次回の記事でお会いしましょう!

 

小林 伸二

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPONSORED LINK